イソロイシン

イソロイシンとは

イソロイシンとは、アミノ酸の一種であり、側鎖に sec-ブチル基を持っています

疎水性アミノ酸に分類されるもので、蛋白質構成アミノ酸の1つになります

イソロイシンは、必須アミノ酸の1つで、糖原性とケト原性を有します

イソロイシンは、健康効果が高く、体の成長を促進し、神経の働きを良くしてくれます

血管の拡張、肝臓機能強化、筋肉強化などに貢献します

様々な効果のあるアミノ酸で、ロイシン、バリンとともに、分岐鎖アミノ酸類の1つになります

イソロイシンは、小牛の肉、鶏肉、鮭、プロセスチーズ、牛乳などに多く含まれていています

なるべく多くの食品からイソロイシンを摂るとよく、分岐鎖アミノ酸類のバランスが取れます

それぞれの分岐鎖アミノ酸がバランスよく含まれている分岐鎖アミノ酸類飲料などはおすすめできます

イソロイシンは、オキソブタン酸からバリンに類似した経路により、合成されます

アセト乳酸シンターゼとケトール酸レダクトイソメラーゼで生成したジヒドロキシカルボン酸が生成した後、ジヒドロキシ酸デヒドラターゼの作用でα-ケトカルボン酸となり、それがグルタミン酸からアミノ基を受け取ることで生成されます

 

サイトマップ