食材 健康効果

マカ

マカの健康効果は、非常にたくさんあります

たんぱく質や各種ビタミン、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいて、不感症、不妊、生理不順、インポテンツなどに効果を発揮します

マカに含まれる各種ミネラルやアミノ酸、カルシウムや鉄、銅などが、人間本来の持つ最適なホルモンバランスに近づけてくれます

マカは、アンデス高地の自然環境の厳しい条件下の中で育てられてきたもので、ハーブの女王とも言われています

アンデス地方に暮らす人々の食生活として、昔から欠かせない役割を果たしてきました

マカの健康効果には、ホルモンのバランスの正常化があります。エストロゲンのような働きをする成分と視床下部や脳下垂体を調整する成分が入っているので、それらにより、ホルモンバランスを正常な状態へと導きます

精力増強にもマカは効果があり、男性の陰茎動脈の血行を良くし、勃起を促す効果があります

ホルモンバランスを調節する効果があるので精力を強めてくれます

マカには、アミノ酸やビタミン類が豊富に含まれているので疲労回復にも効果があり、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウムなども含まれているので、ストレス解消にも効果があります

ニンニク

ニンニクの健康効果と言えば、まず鎮静作用と安眠効果があります

亜鉛とアリチアミンが含まれているので精神を安定させ、不眠やストレスなどを解消します

そして血行をよくする効果が相乗することで、安眠に大きく作用します。ニンニクには風邪などの病気予防効果もあります

アリシンという物質がニンニクには含まれているので、強い殺菌作用があり、体内に侵入してきた病原菌やウイルスを撃退します

アリシンはアリチアミンという物質に変化し、それにより、代謝機能を活発化させ、血行を促進します。ニンニクは、肝臓強化にも最適で、二日酔いにも効果を発揮します

ニンニクに含まれるアリシンやアイリンが、肝臓に蓄積した化学物質と結合して体外へと排出させます

そしてメチオニンという成分が肝機能を助け、代謝を高めます

肝臓の活性化に強い効果を発揮します

他にもニンニクには、肩こり、神経痛、腰痛、頭痛などの解消効果や老化防止、美容効果などもあります

ニンニクには美肌効果があり、アトピーやアレルギーによるブツブツを解消し、血行を促進して細胞の新陳代謝や老化防止を促進します

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーの健康効果は色々ありますが、最も顕著なのが免疫力向上です

抗酸化物質がたくさ入っているので、活性酸素を排除し、免疫機能を強化します

ローヤルゼリーは栄養価も高いので、自己免疫力が向上し、病気を予防する力もあります

ローヤルゼリーの健康効果で見逃せないのが、アンチエイジングです

肌の老化や劣化を防いで、若さを取り戻すことができます

活性酸素を排除する抗酸化物質が含まれているので、肌を若返らせることができます。女性に嬉しい若返り物質のパロチンを含んでいます

そしてメタボ改善にもローヤルゼリーは効果があります

肥満状態を改善する働きがあり、メタボをはじめ、高血圧や糖尿、動脈硬化などのリスクを回避することができます

必須アミノ酸を含む豊富なアミノ酸やビタミンなどの代謝を促進する栄養素が豊富に含まれていて、代謝アップに寄与します。メタボ改善や予防に大きな効果を発揮します

他にも、パントテン酸という物質を含有していて、悪玉コレステロールを排除する作用があるので、動脈硬化の予防や改善にも役立ちます

クマザサ

これまであまり注目されてこなかった健康に関する植物に『クマザサ』があります

健康効果の期待できる植物というのは現在では多数あってどれがどれかわからない

こういった人もたくさんいますから、クマザサの健康効果について解説していきたいと思います

まず、クマザサは、青汁タイプの健康食品を持っているという方ですと、ラベルを見ていただくと、クマザサが入っていることが多いので確認することができます

このクマザサがなぜ青汁に使われているのかということがクマザサの健康効果について重要なPointになります

クマザサそのものの医学的な研究というのはまだすすんでいないのですが、一部報告によると、高血圧予防の健康効果が高いということがいわれています

そのほかにも、糖尿病の予防効果。これも注目されていますが、こちらもまだ研究段階になります

現在、毎日血圧を計って生活しているという方で、より健康効果を期待したいという方ですと、『クマザサ』が含まれている健康食品というのも選択肢の一つにはなるかと思います

最近は青汁タイプの製品も飲みやすくなっていますから、クマザサですと青汁が使いやすいですよ

ラベンダー

観賞用の花としても人気がある植物に「ラベンダー」があります

日本でもラベンダー畑の名所というものが全国にいくつもあります

このラベンダーですが、食用やアロマということに関して健康効果があるということを知っていますか?

健康や美容に気を使っているという方ですと、当たり前と感じているかもしれませんが、意外と知らない人も多いのです

まず、アロマテラピーによくラベンダーが活用されていることからもわかるように、精神を安定させる効果があります

主にリラックス効果ですね。それに加えてラベンダーには、鎮痛効果があり、生理痛がひどいという場合や、頭痛がひどいという場合にも活用されています

前者についてはすでにご存知の方も多いと思いますが、後者についてはあまり知られていませんので、日常生活の中でラベンダーを使って健康効果を得たいと考えていた方はあたまの隅に入れておいてください

ちなみに外用という面においては、炎症抑制効果というものも期待できますからキズを治すということにもラベンダーは効果を発揮します

バレリアン

バレリアン、またはセイヨウカノコソウ

どちらの名前もあまり聞いたことがないという方が多いでしょう

しかし、最近は健康食品や美容関連製品にこのバレリアンが含まれていることも多いですから、「バレリアン」の健康効果を中心に記載したいと思います

まず、西洋ではサプリメントとして利用されておりそれほど珍しくはありません

これは、不眠症対策や、リラックス効果というものを期待して利用されており、アロマではなく、サプリメントタイプで効果が期待できるということをなによりの特徴としています

しかも、ストレスや緊張ということにも効果を発揮するため、大事な場面の前にはバレリアンを使うという人も多いようです

ただし、このバレリアンは高い効果が期待できる反面、副作用というものにも注意が必要になります

確定的な副作用とはいえないのですが、習慣性もあると言われています

習慣性というとわかりにくいですが、タバコを吸う等のような依存性のようなものです

製品として販売されているバレリアンを利用するという場合は禁忌事項を守れば問題ないですが、自分で栽培して活用するという場合には注意するようにしてください

ハトムギ

利尿作用、抗ガン作用があるといわれていて、それに加えて美白、保湿といった効果があるため、美容にも役立てられています

また、昨今注目されているハトムギの健康効果には、アトピー性皮膚炎についての効果、ダイエット効果、生活習慣病の予防に役立つといった研究報告がなされています

日本では1600年代から使われてきた食材ですが、あらためて、考えてみても、ハトムギの健康効果というものは大きいということがよくわかります

ハトムギは珍しい食材でもないので、健康ということを意識している方はぜひ毎日の食生活にとりいれてみてください

ドクダミ

ドクダミの健康効果としてよくしられているものに利尿作用と動脈硬化に関するものがあります

血管が硬くなってしまうことを心配するある程度の年齢の方ですと、動脈硬化対策として期待することができるでしょう

また、最近は美容部門でのドクダミの効果として、抗菌作用というものも非常に注目されています

利尿・動脈硬化・抗菌。これがドクダミの健康効果の3本柱です。これまで健康食品をなんとなくつかってきたという方も、上記のドクダミの健康効果をぜひチェックしてみてください

ちなみにネット通販等ですと、茶葉そのものが1月分1000円以下で売られていることも多いですので、普段の健康管理という意味でのコスパもいいですよ

ユーカリ

日本では、パンダの主食として広く知られるようになった植物にユーカリがあります

主に飼育用パンダの餌として知られるようになったためか、人の食用にユーカリが活用されているということがあまり知られていません

主に健康食品等で利用されているのですが、参考程度に『ユーカリの健康効果』について書いておきます

まず、アロマというとローズヒップ等のような植物がよくつかわれていますが、これらと同じようにリラックス効果や、鎮痛効果があるため、アロマとして活用されているということが特徴の一つでしょう

食用でユーカリを利用する場合の健康効果としては、ウィルス対策として活用されています

主に風邪対策になるのですが、花粉症やインフルエンザ対策としても活用されているという特徴があります

また、直接的な健康効果というわけではないのですが、最近は歯磨き粉にこのユーカリが使われていることが多く、口臭予防といったことにもユーカリが活用されています

パンダの餌というイメージが強い「ユーカリ」ですが人が利用するという面においても様々な力を発揮します

 

サイトマップ