酢の種類

バルサミコ酢

バルサミコ酢とはイタリアのモデナ地区・レッジョ地区で厳しい規定に沿って作られた酢の事で、イタリア料理に広く使われるお酢です

ブドウの果汁を煮詰めて樽で寝かすのですが、水分が蒸発し量が減るたびにクルミ・カシ・クリ・サクラといった材質の樽に入れ替えて熟成させていく、非常に手間のかかったお酢なのです

バルサミコ酢だけでもほんのり甘く芳醇な香りを楽しめるのは、この工程からくるものと言えるでしょう

よくワインビネガーと混同されやすいのですが、ワインビネガーもブドウの果実からできていますが、酵母を加えてアルコール発酵させ酢酸を添加することで出来上がるお酢なので、風味も香りも用途も違ってきます

同じお酢と呼ばれるものでも、日本のお米や果物でできたお酢とは全く違う風味と味わいが楽しめる食材です

日本のお酢はそのまま味わうモノではありませんが、バルサミコ酢はそのままでも料理に加えても楽しめるオールマイティなお酢でもあります

ただし、こうした厳しい規制の中で厳格に作られているためお酢としては非常に高価で、熟成度合いによってはワインのように高値が付くものも存在します

 

サイトマップ