スレオニン

スレオニンとは

スレオニンとは、トレオニンともいわれているもので、必須アミノ酸の一種になります

必須アミノ酸の中でも最後に発見されたもので、食事からとリ入れた、たんぱく質を使うときに必要とされる成分です

側鎖にヒドロキシエチル基を持っていることから、極性無電荷側鎖アミノ酸に分類されています

穀物中のスレオニン含量は高いのですが、消化吸収が悪く、糖原性を有します

光学活性中心を2つ持つことから、4つの異性体があります

成長と新陳代謝をうながす働きがあるので、スレオニンは人の体に不可欠のアミノ酸と言えます

また、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐ働きがあるので、脂肪肝を予防する作用があります

スレオニンが不足してしまうと、食欲不振、貧血、成長不良などの症状があらわれます

体内で作り出すことはできないので、七面鳥、卵、スキムミルク、粟、さつまいも、ゼラチンなど、スレオニンを多く含む食品を摂る必要があります

スレオニンには、肝臓の代謝を促し、胃酸の分泌バランスを調整する働きがあり、体内でコラーゲンを合成する材料となるので、美肌を保つ作用もあります

また、髪の毛を構成するケラチンの元になるので、髪の毛を保湿する働きもあります

 

サイトマップ